2015年2月第2週

  • ◎今週のおすすめ
    ブロッコリー / とちおとめ(いちご) / サニーレタス
  • ◎認定品メニューリスト(Excel)エクセルダウンロード
  • ◎つながる食通信(PDF)pdfダウンロード

*アイコンをクリックするとダウンロード出来ます

美味レシピ

秋冬野菜のパン粉焼き

2014122401
材料(4人分)
かぶ…2コ、里芋…6コ、かぼちゃ…1/6コ、人参…1/2本、ブロッコリー…1/4コ、ブラウンマッシュルーム…4コ、A[オリーブオイル…大さじ2 、パン粉…80g 、ドライハーブミックス…小さじ1、パセリ(生・みじん切り)…大さじ2 、にんにく(みじん切り)…1かけ分 、塩小さじ…1/2]、塩小さじ1/2
作り方
①かぶ、里芋、かぼちゃ、人参をすべて厚さ5mmに、マッシュルームは半分に、ブロッコリーは小さめのひと口大に切る。
②Aを混ぜ合わせる。
③耐熱皿に野菜を彩りよく並べ、塩小さじ1/2を振る。
④②をかけ、180℃のオーブンで20分加熱してでき上がり。
※人参など硬い野菜は、軽く下ゆでしておくと、やわらかく仕上がります。
(レシピ提供:南清貴さん)

甘みたっぷり!香りもよいいちご

「とちおとめ(いちご)」

2014122402
今季の出荷が始まったいちご「とちおとめ」。健康な土で育てられ、香りも甘みもぎゅっと凝縮。うれしい驚きの声を毎年いただく、大好評のおいしさです。
※お届け後、なるべく早めにお召し上がりください。

生産者戸村 弘一、他/栃木県、茨城県

やわらかな食感が自慢のサニーレタス

「サニーレタス」

2014122403

“メロンの達人”でおなじみの小野寺孝一さんは、冬にはさまざまな野菜も育てています。畑はもちろん手作業で除草。雑草のない畑は虫も寄って来ないため、農薬を減らすことができます。さらに、「おいしい野菜を作るためには土作りが大切」と語る小野寺さん。1年以上熟成させた自家製堆肥を使って耕した土はふかふかで、野菜にとって居心地のよいベッドのよう。健康な土にのびのびと根を張り、養分を吸い上げ、おいしい野菜に育ちます。そんな小野寺さんの育てる冬野菜のなかで、サニーレタスは、なめらかな舌ざわりのよい品種を選んでいるため、おいしいと評判です。たくさんお召し上がりください。

認定品メニューリスト(Excel)
今週ご注文いただけるそのほかの認定品リストです。

つながる食通信(PDF)
PDF版では、次週ご紹介を予定しているおすすめ食材もご覧いただけます。

「つながる食通信」

大手町・丸の内・有楽町エリアと生産地を結び、安全・安心、身体にいい、おいしい食材を消費者に提供する、「大丸有つながる食プロジェクト」。今週共同で調達できるおすすめ食材をご紹介する「つながる食通信」は、毎週更新予定です。

<プロジェクトに関するお問い合わせ>
つながる食プロジェクト事務局 
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい