2015年1月第4週

  • ◎今週のおすすめ
    白菜 / 下仁田ねぎ / 佐藤さんのラ・フランス
  • ◎認定品メニューリスト(Excel)エクセルダウンロード
  • ◎つながる食通信(PDF)pdfダウンロード

*アイコンをクリックするとダウンロード出来ます

美味レシピ

ロール白菜

2014121001
材料(4人分)
白菜…8枚くらい、豚挽肉…150g、長ねぎ…10cm、生しいたけ…2枚、水溶き片栗粉…適量、根生姜…1片、A[しょうゆ・酒…各大さじ1/2、パン粉…大さじ3、片栗粉…大さじ1、塩…少々]、B[だし汁…300cc、しょうゆ…大さじ1と1/2、酒・みりん…各大さじ1、しょうが汁…小さじ1]
作り方
①白菜は葉の部分と芯の硬い部分を切り分ける。塩(分量外)を入れたお湯で葉と芯をゆでてザルにあげる。芯は3cm長さのせん切りにして水気をしぼる。
②長ねぎと生しいたけはみじん切りにする。
③ボウルに豚挽肉を入れてよく混ぜ、さらに白菜の芯、②とAを入れてよく混ぜ、白菜の葉で包む。
④鍋にBを入れて煮立て、③を入れてフタをし、中火で約10分蒸し煮にする。

⑤器に盛り、残った煮汁に片栗粉でとろみをつけてかけ、針生姜を散らす。
(レシピ提供:)

冬の名物でもあるブランドねぎ

「下仁田ねぎ」

2014121002
群馬県西部地方、下仁田町~甘楽、富岡地区で栽培されている別名「殿様ネギ」とも呼ばれる下仁田ネギ。甘くてやわらかく、トロリとした食感が特徴です。鍋や煮込み料理などにどうぞ。

生産者甘楽町有機農業研究会/群馬県

陽の光をたっぷりと浴びて育った達人自慢のラ・フランス

「佐藤さんのラ・フランス」

2014121003

山形県は、国内最大の生産量を誇る「ラ・フランス」産地。ベテラン生産者の佐藤勘四郎さんは、その山形県でラ・フランスやぶどうなどの栽培に取り組んでいます。一般的に、ラ・フランスは一本一本の樹を立木で栽培するのが主流ですが、佐藤さんは長年の経験に基づき、棚状に仕立てています。棚状にすることで葉にまんべんなく日光が当たり、実にたっぷり養分を蓄えられるからです。除雪や病虫害を防ぐために緻密に観察を行うなど労力がかかりますが、この努力が達人自慢のラ・フランスを育てています。ラ・フランスは追熟が必要なので、常温で保管し少しやわらかくなって、ふんわり甘い香りがしたら食べごろの合図! なめらかな食感と芳しい香り、濃厚な甘みをお楽しみください。

認定品メニューリスト(Excel)
今週ご注文いただけるそのほかの認定品リストです。

つながる食通信(PDF)
PDF版では、次週ご紹介を予定しているおすすめ食材もご覧いただけます。

「つながる食通信」

大手町・丸の内・有楽町エリアと生産地を結び、安全・安心、身体にいい、おいしい食材を消費者に提供する、「大丸有つながる食プロジェクト」。今週共同で調達できるおすすめ食材をご紹介する「つながる食通信」は、毎週更新予定です。

<プロジェクトに関するお問い合わせ>
つながる食プロジェクト事務局 
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい