2015年1月第1週

  • ◎今週のおすすめ
    むらさきいも(さつまいも) / 富有柿 / まいたけ
  • ◎認定品メニューリスト(Excel)エクセルダウンロード
  • ◎つながる食通信(PDF)pdfダウンロード

*アイコンをクリックするとダウンロード出来ます

美味レシピ

むらさきいものスイートポテト

2014111901
材料(4人分)
らさきいも…200g、バター…大さじ2、生クリーム…大さじ2~3、牛乳…50cc、砂糖…大さじ1、卵黄(好みで)…1コ分
作り方
①むらさきいもは洗って蒸し、熱いうちに皮をむき、フードプロセッサーに卵黄以外の材料をすべて入れてまわし、ゆるめのペースト状にする。
②オーブンを200℃に予熱する。①を絞り出し袋に入れ、耐熱容器や天板に絞り出す。
③200℃のオーブンで3~5分焼く。焼き色を付けたい場合は、卵黄に水少々を加えて溶き、表面に塗ってから焼く。
(レシピ提供:)

ジューシーで甘い「甘柿の王様」

「富有柿」

2014111902
富有柿は、種の有無に関係なく渋が抜けて甘くなる「完全甘柿」です。その甘柿の王様といわれるのが富有柿。王隠堂農園(奈良県五條市)の畑がある西吉野地方は、晩秋には山々が柿色に色付きます。緻密な果肉と、ジューシーな甘みが魅力。旬の味覚を堪能してください。

生産者王隠堂農園/奈良県

太陽の光をたっぷり浴びて自然に近い環境で育てました

「まいたけ」

2014111903

自然耕房代表の佐藤英久さんは、循環型と省エネルギーの環境を考えたきのこ作りをモットーに、農薬を使用せず栽培しています。そのため、特にきのこ栽培の大敵である雑菌には要注意。常に施設内の空気が外に向かって流れるようにして雑菌を予防しています。また、自然なきのこ作りを心がけ、「太陽光自動追尾式採光機」(写真上)を使い、栽培室に太陽光をたっぷり取り込んでいます。「太陽光は蛍光灯と違って単一波長じゃないから、より自然環境に近いんだよ」と佐藤さんは語ります。まいたけを栽培する菌床には、しいたけの原木栽培の後に出る廃材もおがくずにして利用。収穫後の菌床は付近の畜産農家に譲るなど、地域と協力して循環型農業に取り組んでいます。

認定品メニューリスト(Excel)
今週ご注文いただけるそのほかの認定品リストです。

つながる食通信(PDF)
PDF版では、次週ご紹介を予定しているおすすめ食材もご覧いただけます。

「つながる食通信」

大手町・丸の内・有楽町エリアと生産地を結び、安全・安心、身体にいい、おいしい食材を消費者に提供する、「大丸有つながる食プロジェクト」。今週共同で調達できるおすすめ食材をご紹介する「つながる食通信」は、毎週更新予定です。

<プロジェクトに関するお問い合わせ>
つながる食プロジェクト事務局 
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい