2014年11月第4週

  • ◎今週のおすすめ
    人参 / スーパージャンボ生落花生 / 金井さんの男爵
  • ◎認定品メニューリスト(Excel)エクセルダウンロード
  • ◎つながる食通信(PDF)pdfダウンロード

*アイコンをクリックするとダウンロード出来ます

美味レシピ

人参のイタリアンサラダ

2014101501
材料(4人分)
人参…2本、鶏ササミ…100g、塩…少々、パセリ(みじん切り)…少々、レモン(飾り用)…適宜、A…[レモンの搾り汁大さじ1、オリーブオイル大さじ3、塩・こしょう各少々]
作り方
①人参は千切りにして塩少々で軽くもむ。しんなりしたらさっと水洗いして水を切り、冷蔵庫で冷やしておく。レモンは薄い半月切りにする。
②鍋に湯を沸かして鶏ササミをゆでてざるに上げ、手で細く裂く。
③に②の鶏ササミと①の人参を盛り付け、飾り用のレモンとパセリをあしらう。
④Aの材料を混ぜ合わせてドレッシングを作り、③に回しかける。
(レシピ提供:)

サイズもおいしさも特大です

「スーパージャンボ生落花生」

2014101502
三里塚酵素の会のオリジナル品種は、通常の落花生の2、3倍のサイズ!一粒一粒の豊かなこくが魅力です。1年で今だけの取扱いなので、お見逃しなく。

生産者三里塚酵素の会/千葉県

北海道開拓の歴史を刻む男爵の達人

「金井さんの男爵」

2014101503

北海道の開拓農家として入植3代目になる金井正さん。周りの畑は、北海道特有の黒っぽい泥炭土で、農業をするには不向きな土地でした。「当初は馬を動力にして自然のままの“山土”に、土壌改善のために他の土地から土を持ってくる“客土”を行い、土質を高めました」と、50年以上前の開拓当時の苦労を語ります。大地を守る会が始まったのは今から39年前。ちょうどそのころから、金井さんは除草剤や土壌消毒剤を使わず、農薬に頼らない農法に取り組み、その畑の土作りは今も受け継がれています。自家製の草堆肥は、2年間かけて熟成。水はけや病虫害の予防など、肥料以外の効果も期待される緑肥を利用し畑の土を耕しています。こうして丹精込めた土で育った男爵は、ほくほくとした食感と甘みが好評の逸品です。

認定品メニューリスト(Excel)
今週ご注文いただけるそのほかの認定品リストです。

つながる食通信(PDF)
PDF版では、次週ご紹介を予定しているおすすめ食材もご覧いただけます。

「つながる食通信」

大手町・丸の内・有楽町エリアと生産地を結び、安全・安心、身体にいい、おいしい食材を消費者に提供する、「大丸有つながる食プロジェクト」。今週共同で調達できるおすすめ食材をご紹介する「つながる食通信」は、毎週更新予定です。

<プロジェクトに関するお問い合わせ>
つながる食プロジェクト事務局 
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい