2015年6月第4週

  • ◎今週のおすすめ
    赤じそ / とうもろこし / 達人・古郡正さんのプラム
  • ◎認定品メニューリスト(Excel)エクセルダウンロード
  • ◎つながる食通信(PDF)pdfダウンロード

*アイコンをクリックするとダウンロード出来ます

美味レシピ

赤じそジュース

2015061701
材料(約2L分)
赤じその葉… 300g、りんご酢…500cc、砂糖…200~400g ※酢を使うので、アルミの鍋は避けること。
作り方
①赤じそをよく洗って水気を切る。
②鍋に水2Lを沸騰させ、①を入れて10分程度煮出す。
③赤じそを取り出して煮汁を別の鍋に漉し、りんご酢を加えて混ぜ、砂糖も入れて煮溶かす。
④ガラスびんに移し、冷蔵庫で保存する。
※水や炭酸水で好みの濃さに薄めてどうぞ。
(レシピ提供:)

食味のプロが分析 おいしさ調査「とうもろこし」

「とうもろこし」

2015061702
愛知県渥美半島の先端に位置する天恵グループ。もとは黒松の生える砂地でしたが、戦後間もなく開拓者たちが丹念に土作りを行ったことにより、おいしい野菜が育つ土地になりました。さらに自家製堆肥やミネラル豊かな潮風を利用して野菜のおいしさを最大限に引き出しています。今回、食味官能試験を実施した井本光宏さんのとうもろこしは、市販品よりも甘みとうまみの評価が高い結果となりました。

生産者天恵グループ、黒沢グループ、大和田忠、他/愛知県、埼玉県、茨城県

「自然の実りを見守る」栽培を実践

「達人・古郡正さんのプラム」

2015061703

古郡さんの畑に足を踏み入れると、樹の下に生い茂っている草のツルが靴に絡みついてきます。そんな畑での栽培は一言で言うと「樹が自然に実を付けるのを見守る」。果樹は病害虫に弱く、農薬を使わずに栽培するのが難しいのですが、古郡さんは農薬に頼らない栽培を目指しています。動物はエサを求めて動き回りますが、「植物は同じ場所に留まって生長していく」という事実に気付いたときから、必要以上に手を加えることをやめました。さらに、農薬だけでなく肥料を与えることもやめました。肥料を与えることにより実は大きく太ります。肥料を与えて収量を上げる農家もありますが、古郡さんは「その木に見合う大きさでいいよ」と笑って答えます。そんな古郡さんのプラムには、自然に作り出された、しかも本当にこくがある甘みを感じます。

認定品メニューリスト(Excel)
今週ご注文いただけるそのほかの認定品リストです。

つながる食通信(PDF)
PDF版では、次週ご紹介を予定しているおすすめ食材もご覧いただけます。

「つながる食通信」

大手町・丸の内・有楽町エリアと生産地を結び、安全・安心、身体にいい、おいしい食材を消費者に提供する、「大丸有つながる食プロジェクト」。今週共同で調達できるおすすめ食材をご紹介する「つながる食通信」は、毎週更新予定です。

<プロジェクトに関するお問い合わせ>
つながる食プロジェクト事務局 
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい