2014年7月第1週

  • ◎今週のおすすめ
    ちりめん山椒 / 八重山のスナックパイン(ボゴール / そら豆
  • ◎認定品メニューリスト(Excel)エクセルダウンロード
  • ◎つながる食通信(PDF)pdfダウンロード

*アイコンをクリックするとダウンロード出来ます

美味レシピ

ちりめん山椒

DH-14123-017
材料(作りやすい分量)
実山椒…30g、A[しょうゆ…25cc、酒・みりん…各大さじ1]、チリメンジャコ…200〜300g、B[酒…50cc、しょうゆ…25cc]
※甘み・辛みはみりんやしょうゆの量でお好みに調節してください。
作り方
①実山椒は枝を取り除き、実を30〜40秒下ゆでし、ざるにあけて水気を切る。
②小鍋にAを入れ、①を入れて加熱し、ひと煮立ちしたら火を止めてそのままおく。
③浅くて広めの鍋にBを入れて沸騰させ、チリメンジャコを一気に入れる。煮立ったら弱火にする。煮汁が1/4ほどになったら、②の煮汁だけを加えてさらに煮る。
④煮汁がなくなる直前に②の実山椒を加え、全体をかき混ぜながら汁気を飛ばす。
⑤仕上がったらすぐにバットか平らな皿に広げ、余分な汁気と熱を取ったらできあがり。
(レシピ提供:たにりりさん)

手でちぎって食べられます

「八重山のスナックパイン(ボゴール)」

DS-02816189-02C
サクサクと手でむしり取るのが楽しく、芯まで味わえるスナックパイン。黄色の果肉で、これぞパイナップルという甘みと酸味が特徴です。沖縄本島より高い平均気温と赤土の酸性土壌で、パイナップル栽培の国内最適地と言われている八重山諸島からお届けします。

生産者真南風の会/沖縄県

健康な苗だから農薬に頼らず栽培

「そら豆」

DH-14123-019
常総センターの生産者の畑は、霞ヶ浦湖畔に点在しています。茨城県特産のれんこんのほか、台地の畑では長芋やそら豆などを栽培。生産者は土壌中の有機微生物を増やし、丈夫な苗を育てることで、できるだけ農薬を使用しない栽培に取り組んでいます。そら豆は塩ゆではもちろん、サラダや揚げもの、炒めものやスープにもおすすめ。ゆで過ぎると食味が落ちますのでご注意ください。

認定品メニューリスト(Excel)
今週ご注文いただけるそのほかの認定品リストです。

つながる食通信(PDF)
PDF版では、次週ご紹介を予定しているおすすめ食材もご覧いただけます。

「つながる食通信」

大手町・丸の内・有楽町エリアと生産地を結び、安全・安心、身体にいい、おいしい食材を消費者に提供する、「大丸有つながる食プロジェクト」。今週共同で調達できるおすすめ食材をご紹介する「つながる食通信」は、毎週更新予定です。

<プロジェクトに関するお問い合わせ>
つながる食プロジェクト事務局 
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい