2015年3月第1週

  • ◎今週のおすすめ
    里芋 / 伊予柑 / 有機せり
  • ◎認定品メニューリスト(Excel)エクセルダウンロード
  • ◎つながる食通信(PDF)pdfダウンロード

*アイコンをクリックするとダウンロード出来ます

美味レシピ

ベーコンと里芋の炊き込みごはん

2015011401
材料(4人分)
米…3合、里芋…5~6コ、ベーコン…80g、塩…小さじ1、酒…大さじ1、生姜の千切り…適宜、酢水…適量
作り方
①米は研いでザルにあげる。里芋は皮をむき、8等分くらいに切って酢水にさらす。ベーコンは1cm幅に切る。
②炊飯器に米と酒を入れ、水を加えて3合分の水加減にする。そこへ水気を切った里芋、ベーコン、塩を入れて普通に炊く。
③炊き上がったら15分ほど蒸らして全体をさっくりと混ぜ、お好みで生姜の千切りを添える。
(レシピ提供:)

甘酸のバランスのよさが絶妙

「伊予柑」

2015011402
柑橘の本場、愛媛県西予市の産地・無茶々園では、日当たりや水はけのよい段々畑で、伊予柑を栽培。宇和海のミネラル豊富な海風に当たり育った伊予柑は、甘みと酸味のバランスがよく、ジューシー。「酸っぱいけど甘い」、柑橘らしい味わいをお楽しみください。
※こくのある甘みとたっぷりの果汁が魅力の品種です。

生産者無茶々園、ブレス、南伊豆太陽苑生産者グループ/愛媛県、熊本県、静岡県

ひと足早く春の息吹を食卓へ

「有機せり」

2015011403

北浦有機事業協同組合は、平成元年に発足以来、厳正な有機栽培基準で、安全な有機野菜作りに取り組んできました。畑がある茨城県行方市は、せりの一大産地。水のなかで栽培するせり畑をいたるところで見ることができます。今回、有機せりを出荷するのは、生産者の一人・真家孝之(まいえたかゆき)さん。「環境にやさしい永続的な農業」を合言葉に有機栽培に取り組む熱心な生産者です。農薬を使わないため手間のかかる作業も多いそうですが、「おいしい野菜を提供し、喜んでいただけるようにがんばります」と意気込みを語ってくれました。せりは、心が落ち着くような豊かな香りとシャキッとした食感が魅力。鍋や和えもので楽しむことができますが、特におすすめなのが天ぷらです。口のなかに広がる香りを堪能でき、最高のおつまみになります。

認定品メニューリスト(Excel)
今週ご注文いただけるそのほかの認定品リストです。

つながる食通信(PDF)
PDF版では、次週ご紹介を予定しているおすすめ食材もご覧いただけます。

「つながる食通信」

大手町・丸の内・有楽町エリアと生産地を結び、安全・安心、身体にいい、おいしい食材を消費者に提供する、「大丸有つながる食プロジェクト」。今週共同で調達できるおすすめ食材をご紹介する「つながる食通信」は、毎週更新予定です。

<プロジェクトに関するお問い合わせ>
つながる食プロジェクト事務局 
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい