2015年1月第3週

富良野盆地の寒暖差が、おいしい野菜を育てます

「かぼちゃ」

2014120304
今 利一グループの生産者の畑は、ラベンダー畑やドラマ「北の国から」で有名な富良野盆地にあります。富良野盆地は盆地特有の気候で昼夜の寒暖差が大きいため、糖度・うまみがのりやすく農作物に適した産地といわれています。また、夏場の湿度が低いので、有機農業にも適しています。夏にはほうれん草・ミニトマト・とうもろこしや人参、秋冬はかぼちゃ・玉ねぎなどをお届けします。この時期出荷するかぼちゃは北海甘栗という比較的新しい品種。北海道で開発された品種で、ほくほくした食感と、なめらかな口当たりを併せ持つ品種のため、蒸しても、煮ても、揚げても、どんな料理にも使えて人気です。探究心が旺盛で、挑戦することを厭わない、今利一さんが作った自信作です。