2015年1月第1週

高い栽培技術と謙虚な姿勢を持った“篤農家”

「さつまいも」

2014111904
研究心旺盛で熱心な農家を「篤農家」と呼びますが、堀田義明さん(茨城県行方市)にぴったりの呼び名。「会員の皆さんには、安心・安全な野菜を食べてもらいたいから」と、農薬は使わず、虫が発生しても一匹ずつ手で捕獲。手紙をくださる人がいるほど野菜の味にはファンが多く、食べた人から送られてきたさつまいもの絵は、今でも大事に玄関に飾っており、まじめな人柄が育てる野菜が、多くの人を感動させています。堀田さんの畑では、農薬や化学肥料を使わない代わりに、自然の力を最大限に生かす工夫を凝らし、さまざまな取り組みにより、病害虫や雑草の発生を抑え、土壌の栄養バランスを保つなど、日々、研究を重ね、腕を磨いています。