2014年9月第4週

大粒でこくのある甘みが楽しめます

「藤稔」

2014082004
ぶどうには「種あり」と「種なし」のものがありますが、昨今は食べやすい種なしぶどうに人気が集まっています。しかし、もともと種が無いわけではなく、ジベレリンという植物ホルモンを用いて種なしにすることが多いのです。しかし、鶴田さんは「種あり」にこだわります。種を持つということは命を継承していくことであり、木を大切にする鶴田さんの考え方とつながっています。大きな粒が特徴の藤稔は、外面に負けない芳醇な甘さと大粒ぶどう特有のジューシーな食感で、食べた人を幸せな気持ちにしてくれます。