2014年8月第3週

過疎化が進む地域を元気にする有機農業

「おくら」

C-12106-8-12
地理的に条件が悪い中山間地で、積極的に有機栽堵に取り組む大地と自然の恵み。圃場の清掃から、農業資材の管理などを徹底して行い、高品質の野菜を生産しています。すべての作物で有機認証を取得。差別化を行うことで、自立できる農業を目指してきました。過疎の山村で若者たちを雇用し、地域を元気にしています。南国土佐とはいえ、標高が高く、冬の寒さは厳しいため、温度管理に気を遣いながら栽培しました。