2014年8月第1週

雪害を乗り越え、順調に育ちました

「キャベツ」

0053
2月の大雪により、育苗用ハウスが潰れるほどの被害を受けた北軽井沢有機ファミリー。
当初は苗の準備も危ぶまれましたが、雪で潰れたハウスのパイプを持ち上げてビニールを張り直し、なんとか無事に苗を育てることができました。北軽井沢有機ファミりーでは代表の清水忠雄さんのところをはじめ、この数年で息子さんたちが責任をもって野菜作りに取り組み、代替わりをしています。
父親たちが作ってきた畑をよりよくするよう、土作りや栽培の勉強も熱心にしています。
昼夜の寒暖差が大きい高原で育まれた、甘みのある野菜をぜひご期待ください。