2014年7月第3週

丹念に土作りをして 野菜の力を引き出しました

「メークイン」

0052
有機農業に取り組む天恵グループですが、この地はもともと防風林として黒松が植えられた砂利や石の多いやせた土で、野菜作りに向かない土地でした。しかし開拓者たちは手作業で松を抜き、固い土を鍬で耕し、開墾。海岸に打ち上げられた海藻などの有機質を入れるなど、丹念な土作りを行うことで年々地力をつけてきました。自家製堆肥をタイミングと量を見極めながら繰り返し入れることで、作物の力を引き出し、豊か味に仕上げています。メークインは粘りがあり、舌触りがなめらかなじゃがいもです。長時間火にかけても煮くずれが少なく、力レ―などの煮込み料理にぴったりです。