2014年6月第1週

厳しい寒さをのりこえ甘みがのった大根です

「葉付大根」

seisan0601
大根を育てるうえで特に重要なのが温度管理。収穫時期まで気の抜けない日が続きますが、矢口庄一さんは経験豊富なベテランの生産者なので、冬場の栽培管理をしっかりと行い、今季も甘みがのった大根に仕上げています。大根の葉を付けたままにすると、根の水分が失われてしまうので、届いたらすぐに切って野菜室へ。大根の根にはビタミンCや消化酵素が、葉には、ビタミンC、ビタミンA、ミネラルが豊富に含まれています。刻んだ葉をごま油で炒め、めんつゆなどで味付けすれば、あっという間にごはんがすすむ一品ができあがります。

生産者矢口庄一さん