2015年6月第5週

いろいろな栽培方法に挑戦。高い探究心から生まれる良質な土壌

「レタス」

2015062404
一年一年、土壌分析に基づいた肥料設計を行って、病虫害に強い作物を育てている青野さん。「肥料に家畜糞を入れないようにすれば、虫が発生しづらくなるのでは?」という仮説に基づき、10年以上家畜糞を使わずに堆肥を作っています。今年は畑を耕さない「半不耕起栽培」に挑戦中。耕さないことで畑の共生微生物を増やす取り組みなど、土壌の改良へ余念がありません。種まきの時期、この地域はまだ寒く、発芽がなかなかうまくいかない時もあります。そのため、種を巾着袋に入れて、寝る時も肌身離さず身に付け、体温で温めて発芽を促しています。