2015年5月第1週

潮風が育んだ銚子の葉付大根

「葉付大根」

2015031804
千葉県銚子市は、全国でも有数の農業産地。三方が水に囲まれた海洋性気候により、冬でも比較的暖かな地域のため、野菜の出荷時期が、ほかの地域と比べて少し早いのが特徴。また、ミネラル分を含んだ潮風が肥沃な土壌を形成し、味のよい野菜が育ちます。豊かな気候だけでは、おいしい野菜は育ちません。萩原さんは「土づくりが何よりも大事!」と言います。そのために選んだのは、もみ殻などの植物性堆肥。この堆肥を使うことで、野菜のおいしさが増すことを長年の経験により実感しているからです。その銚子からお届けする、貴重な葉付大根はやわらかな葉は食感もよく、油炒めや漬けものにぴったりです。