2015年4月第5週

通好みの黄金柑が食べられるのはこの時季だけ

「達人・早藤義則さんの黄金柑」

2015031104
各種柑橘やブルーベリーを栽培している早藤義則さんは、園地から出る落ち葉や魚介類の残渣を活用した自家製堆肥を使用して樹を健康に保つことに力を注ぎ、また、園地ごとに適した品種を栽培し、病害虫の早期発見に努めることで長年農薬不使用で栽培を続けています。早藤義則さんが栽培する柑橘の中でもとりわけ珍しいのが黄金柑です。生産量が少なく、お店ではあまり見かけません。一見すると酸っぱいように思えますが、ナイフでカットすると、果肉から蜂蜜のような果汁が滴り、甘くてジューシーです! この機会にぜひお試しください。