2015年4月第3週

こくのある達人のトマトをぜひ!

「達人・長崎・中村敏信さんのトマト」

2015022504
長崎有機農業研究会のトマトの達人生産者中村敏信さんのトマト栽培は、真夏の苗作りから始まります。暑いなかでの作業は大変ですが、暑さで苗がだめにならないよう遮光しながら育てます。栽培面積も大きいので、1シーズンに作る苗は10,000本を超えるとか。気の遠くなるような量です。冬は日照も温度も不安定なので生育に時間がかかりますが、その分、実にたっぷり養分を貯め込み、甘みとこくを蓄えた達人ならではのおいしいトマトに育ちます。中村さんのトマトは、大地を守る会のトマトのなかでも、ご好評のお手紙をいただくことが多い人気の一品。