2015年4月第1週

冬のレタスは甘い!寒さが糖度を高めます

「レタス」

2015021104
すけむねレタスグループがある静岡県藤枝市は、冬のレタスの一大産地。比較的温暖な気候ではありますが、寒さへの対策は欠かせません。メンバーの大塚敏さんは、さまざまな条件を想定して栽培品種を選び、寒さ対策としてトンネルを張って、初秋に育てた苗を栽培します。トンネルは早く張れば病気や虫からの影響は受けにくくなりますが、品種ごとの生育温度が異なるため、タイミングを少しずつずらして行います。細かい気配りと手間のかかる作業ですが、こうした努力が農薬を減らして病気を抑えるこつだそうです。レタスは寒い時季は巻きが強く、気温が高く湿度があるとふんわりとします。冬場のレタスは、しっかりとした歯ごたえで、夏にはない特有の甘みがあり、野菜炒めやチャーハンに使うと、うまみのある一品に仕上がります。