2015年3月第3週

ミネラルを含んだ潮風が野菜をおいしく育てます

「ブロッコリー」

2015012804
天恵グループの畑は、戦後間もなく開拓される前は黒松の生える砂地でした。潮風がミネラルを運ぶ一方、肥料や水分を保ちにくい土壌ですが、ここは腕の見せ所。自家製堆肥などの肥料をタイミングと量を見極めながら繰り返し入れることで作物の力を引き出しています。担い手不足が叫ばれる農業ですが、天恵グループには全メンバーに後継者がいます。親の世代からの技術を継承し、メンバー同士の評価会を始め野菜の品質などを振り返り、お互いが評価し合うことで、技術の共有や発展を目指しています。さらなる進化が楽しみなグループです。