2015年3月第1週

ひと足早く春の息吹を食卓へ

「有機せり」

2015011404
北浦有機事業協同組合は、平成元年に発足以来、厳正な有機栽培基準で、安全な有機野菜作りに取り組んできました。畑がある茨城県行方市は、せりの一大産地。水のなかで栽培するせり畑をいたるところで見ることができます。今回、有機せりを出荷するのは、生産者の一人・真家孝之(まいえたかゆき)さん。「環境にやさしい永続的な農業」を合言葉に有機栽培に取り組む熱心な生産者です。農薬を使わないため手間のかかる作業も多いそうですが、「おいしい野菜を提供し、喜んでいただけるようにがんばります」と意気込みを語ってくれました。せりは、心が落ち着くような豊かな香りとシャキッとした食感が魅力。鍋や和えもので楽しむことができますが、特におすすめなのが天ぷらです。口のなかに広がる香りを堪能でき、最高のおつまみになります。