旬の生産物・生産者情報

20015年5月第4週

チンゲンサイなど葉菜をお届け

「チンゲンサイ」

2015052004
無茶々園は、設立41周年を迎える生産者グループです。中心地域である愛媛県西予市明浜町は、宇和海を臨むリアス式海岸が特徴。代々この地では、海岸線より空まで駆け上がるような傾斜のきつい山々に石積みの段々畑を作り、温州みかんや伊予柑などの柑橘を栽培しています。日照や海からの照り返し、石積みからの照り返しが、柑橘作りに適した環境を作り上げています。柑橘シーズンの締めくくりは河内晩柑がおすすめ。樹上で越冬させ、完熟してから収穫するのでジューシーで、初夏にぴったりです。

2015年5月第3週

チンゲンサイなど葉菜をお届け

「チンゲンサイ」

2015051304
くらぶち草の会は新規就農者がメンバーの半分を占めています。同会代表の佐藤さんは、「倉渕みたいな中山間地は、農業離れにより農地が荒れてしまいがちですが、彼らのような新規就農者が頑張ってくれることで守られることも多いんです」と語ります。生産者の取りまとめを任されている木村健さんも、新規就農で倉渕に入った一人。「これからの時期、チンゲンサイなどの葉物野菜がどんどん収穫されます。今後も新規就農希望者の受け入れを続けていくそうです。

2015年5月第2週

野性味あるたらの芽は山菜の王様!

「名人が採る! たらの芽」

2015050604
岩手県久慈市平庭高原は山菜の宝庫。年間15~20種類の山菜が採れ、都会ではなかなか目にできないものも。野山に自生している山菜を一つ一つ摘み取った貴重なものをお届けします。春ならではの山の幸をお楽しみください。山菜の王様と言われるたらの芽。野山に自生しているものはさらに貴重です。名人が、普段は人が入らないような野山に分け入って収獲します。野性味豊かな味わいはこの時季のお楽しみ。ぜひ天ぷらなどでご賞味ください。

2015年5月第1週

福島でがんばるトマトの達人

「達人・水野谷政男さんのトマト」

2015042904
好評の声が多い福島わかば会のトマト。そのメンバーのなかでも、特に水野谷さんはトマトに愛情を捧げています。葉から栄養を与える「葉面散布」や根から栄養を吸収させる「穴ごい」を行うなどトマトの様子を見極めながら栽培しています。

2015年4月第4週

メンバー全員が露地栽培でたくましい野菜を育てています

「葉付大根」

2015042204
露地栽培では、冬になると畑が凍ってしまい午前中の収穫作
業はできません。また、害虫を防ぎきれないこともよくあります。それでもつくば中根グループで全員が露地栽培にこだわるのは、作物が寒暖の差のある気候にさらされることで、たくましく、そして何よりおいしく育つからです。完熟牛糞堆肥を使い、土壌分析も行いながらバランスの良い土作りをして、病虫害に強い作物を育てています。